解説:BLACKSEEDの世界


・悪の組織「ブラックシード」             

「ブラックシード」とは、究極の女性上位世界の実現を目指す、悪の組織です。
全員が女性で構成されています。彼女達は皆、組織の誇る遺伝子改造技術によって普通の人間を遥かに超える驚異的な能力を有しています。
男性を奴隷化し搾取することによって、世界を女性の楽園へと変えるために彼女達は日夜暗躍しています。


・進化した女性達「ビューティー」             

ブラックシードに所属する女性達は「ビューティー」と呼ばれています。組織の誇る遺伝子改造技術によって、人為的に進化・細胞変異した女性達です。
変異した彼女達の肉体は驚異的な細胞再生能力を有しています。そのために彼女達は老いることなく、どんな傷を負っても数秒で復元してしまいます。
また、その遺伝子改造はDNAに刻まれた太古の因子を呼び覚まし、個々の持つ変異適正により様々な形態をとります。ベースとなる人間女性の特徴を残しながらも、人外の生物の因子を発現させたその姿には美とグロテスクが共存しています。

永遠の美と、不死身の肉体を手にしたビューティー達。そんな彼女達が唯一のエネルギー源とするものが、人間男性の新鮮な生殖細胞……精液です。
人外の力と美を維持するために彼女達は日夜男性を襲い、その精液を搾取します。人外の特性を生かした強力な搾精能力の前に、抵抗など無意味です。犯された男性達は皆、なす術もなく精液を搾り取られてしまいます。
また、ビューティーはほとんどが人間の姿に擬態する能力を持ちます。そのため人間社会に高度に溶け込んでおり、昼は普通の女性として行動しながら夜はビューティーとしての本性を現し、男を襲うことができるのです。


・正義のヒーロー達「CHASTE CELL」             

無敵の能力を持つビューティー達ですが、そんな彼女達に対抗する組織があります。
「CHASTE CELL」……通称C.C(シーツー、シーシー)。“貞淑な細胞”という名を持つこの組織は、遺伝子技術の濫用を防ぐという目的で活動しています。
彼らC.Cの戦士たちは、変異した遺伝子を破壊できる唯一の手段“キネシス”という能力を操り、彼女達ビューティーに対抗しています。

彼らのキネシス能力は、精神安定が崩れると減退してしまうという特性を持っております。そのため、ビューティーの快感攻撃を受け続けると攻撃ができなくなってしまいます。
また、ヒーローへの変身も精神安定に依存しているので、射精すると変身が解け、すべての戦闘能力を失ってしまいます。
※ショタっ子ヒーローが多いです(*´ー`)


・変異の種             

“変異の種”、それはブラックシードが開発した、人間を不老不死のビューティーへと変える遺伝子改変プログラムです。
黒色の種のような外見をしていますが、植物の種ではなく、特殊なビューティー細胞で構成されている物質です。内部には遺伝子を改変するためのプログラムが入っており、人間の体内に入ると種が発芽、人間をビューティーへと変異させる遺伝子改変を行ないます。
なお、種は人間女性の体内でしか発芽せず、男性をビューティー化させることはありません。
この変異によってビューティーは仲間を増やし、種を増やすことができます。また、ビューティー達は人間男性との生殖によっても、繁殖が可能です。
ビューティーとの生殖により生まれる子は、原則的に全てがメスであり、生まれながらのビューティーとなります。


・ビューティーの女王「クイーンビューティー」             

悪の組織「ブラックシード」には、組織を束ねる“クイーン・ビューティー”と呼ばれる首領がいます。
彼女はすべてのビューティーの始祖と言われており、海千山千のビューティー達を統制するほどの絶対的な力を持つ存在です。
クイーンビューティーに関してはほとんどが謎に包まれており、部下のビューティー達でさえその正体を知る者は少ないと言われています。


inserted by FC2 system